平成25年3月20日(水) 午後2:00~4:00 お彼岸法要をつとめました。 まず、東日本大震災犠牲者の3回忌の回向をさせていただき、参拝者の申し込まれた回向をつとめさせていただきました。   

彼岸法要

お寺の法要の時は、山門に幕を掛け、参拝者を迎えます。

副住職の回向

        副住職の回向
住職が前半の回向をつとめたあと、後半は副住職がつとめました。

見徳山安楽寺のお彼岸法要では、住職が法話をすることを通例としていますので、住職から東北船上回向のことを話しましたが、今回の彼岸法要では、特別に「税理士法人ゆびすい」より、講師を迎えて税制についての話をしていただきました。(2月25日のお知らせ参照)

税制大綱が作成され、消費税、相続税、贈与、ローン減税などいろんなことが発表されていますので、それらの知識を少しでも持っていただいて、今後の生活に役立てていただこうと、講師をお呼びしました。現在の生活を安定させることが、老後の、ひいては後生の安寧に繋がると思い、と企画いたしました。また、皆さんからの相談も受けていただきました。

彼岸法要 税務の講話

      彼岸法要 税務の講話
「税理士法人ゆびすい」から、辻本様、野口様、峯岡様、中牧様の4人の方に来ていただき、資料を配付して、新たに始まる消費税、相続税、贈与税など、改正点を説明していただきました。

彼岸法要の参拝者

        彼岸法要の参拝者

あいにくの雨にかかわらず、ご夫婦、家族連れでたくさんの方にお参りいただきました。無事、春のお彼岸法要をつとめさせていただき、ありがとうございました。合 掌