平成25年 年始のおつとめ
毎年、大晦日のNHKの紅白歌合戦が終わる頃、本堂に灯明を着け、午前0時、新年のおつとめを始めます。
本堂前には、午前0時とともに初詣の人達、子供と一家揃っての家族、ご夫婦など、新年の祈りを捧げにお参りされています。その足音を聞きながら新年のおつとめをしています。中には、ご先祖さんへの挨拶にお墓参りをされている方もあります。
元旦になって、午前7時過ぎ、大体7:10~7:15分頃ですが、初日の出を拝みます。
1日午前10:30を回ると檀信徒の方が集まって来られ、11:00、檀信徒の方と修正会(しゅしょうえ:お正月のおつとめ)をします。
新しい年の平安と参拝者のご家族の家内安全、無病息災のおつとめです。終わって、新年の挨拶を申し上げます。
本堂前には、お正月のみ、御神酒、おみくじ、絵馬などを置いておりますので、参拝者それぞれに、今年の運だめし、祈願をされておられます。

平成25年の安楽寺の初日の出

平成25年の安楽寺の初日の出

安楽寺本堂前におみくじ、絵馬、御神酒など

安楽寺本堂前におみくじ、絵馬、御神酒など

大晦日午前0時のおつとめ

元旦11:00からの修正会