平成26年6月の言葉 「機を逃さない」

境内の雑草を見て思うことがあります。雨の機を逃さず芽を出し、伸びてゆくことである。これほどに「機を逃さない」現象は無い。不断の努力の結果なのでしょう。

 

4月、5月、6月と境内の草抜きに追われる日々が続きます。日照りの間は気配も見せないのに、一度雨が降ると、「機」を得た草はいっときに伸びてきます。手に負えない伸び方です。
少し忙しくしていると、境内が雑草だらけになってしまいます。
「おまえも必死で生きているのに悪いなあ」と声をかけながら草抜きをしますが、草たちの「機」を得た伸び方にはいつもながらも、感心せざるを得ない日々です。

草たちは、「機」を待って伸びていきますが、そのために、じっと自分の中に、伸ばすための力を蓄えているもののと思います。
私たちも普段からじっと力を蓄えているでしょうか?
不断の努力をしないで「機」を逃すのは当然の帰結です。「機」が訪れた時に、それを逃さない力を蓄えておきましょう。

 

 

 

海紅豆が咲き始めました。

海紅豆が咲き始めました。見事な深紅の花。平成26月6月8日

 

 

 

花菖蒲平成26年6月

大輪の花菖蒲が咲いています。平成26年6月8日

 

 

 

 

浄土宗カレンダー 6月の言葉

「立ち止まってみよう」  Stop, look, and  see  deeply.