東豊台公民分館の史跡巡りの一行が見徳山安楽寺を訪問 平成25年3月24日(日)

平成25年3月24日(日)10:00~11:30 東豊台公民分館の古八様はじめ40人の史跡巡りの一行が安楽寺に来られました。

東豊台公民分館史跡巡りりの方々

安楽寺に到着された東豊台公民分館史跡巡りの方々

東豊台公民分館では、活動の一環として史跡巡りをされており、市内各地を巡っておられるとのことで、このたびは、桜井谷村、柴原村の今昔を聞きたいと、訪ねて見えました。

史跡巡り方々本堂で

住職が、桜井谷村、柴原村の概要と歴史を説明しました。

東豊台公民分館の方々

柴原村について話される阪口さんの話を、みなさん熱心に聞いておられた。

本堂で、住職から桜井谷村6ヶ村、柴原の歴史的なこと、村の変貌の姿について説明をさせていただきました。そのあと、柴原環境整備委員会、町づくり協議会、桜谷小学校の評議委員など、多方面に活動されている阪口博さんからも柴原のことについて話をしていただきました。
本堂での話のあと、豊中市の天然記念物のソテツ、園井東庵のお墓など、境内を見学されました。

ソテツを見る公民分館の方々

住職の説明を受けながら、ソテツを見る史跡巡りの方々

ソテツについて説明

ソテツについて説明する住職

ソテツの花

史跡巡りの方々に見てもらったソテツの花。
昨年咲いた花で2年目に実をつけます。

境内を見学

園井東庵の墓を見学される史跡巡りの方々

安楽寺を見学のあと、阪口さんの案内で、柴原公園から市民病院、二尾池に至る柴原の旧跡を見て回られました。
晴天に恵まれ、ほどよいハイキングを兼ねた史跡巡りになったようでした。