平成26年5月の言葉 「縁に生きる」 母を「縁」として生を受けた私

 

 5月第2日曜は「母の日」です。私たちは、父を縁として、母を縁として、生まれてきました。中でも母無くしては生を受けることはなかったのです。だからこそ、「母の日」が設けられることになったのでしょう。

 「縁」をいただいて生まれて以来、様々な「縁」で今日まで生きてきています。家族も「縁」であれば、学校で席を同じくしたのも「縁」、社会に出て働くのも「縁」と言えます。その「縁」を生かせていますか?。

 「縁」を生かすには自分の能力を高める必要があります。自分の周りにいろいろな「縁」がありながら見過ごし、せっかくの「縁」を逃していることはないでしょうか? 身の回りにあるいろんな「縁」の中でしか生きていけないのが私たちです。ならば、積極的にその「縁」を生かして生きていくことが大切なことですね。

 

 

 浄土宗カレンダー 5月の言葉
 「悩みも答えも  それぞれ」 
 Every  person  has  a  different  answer  to their  own  problems.

 

 

 

石段脇のツツジ

石段脇の花壇はツツジが満開

 

 

 

満開のツツジ

満開のツツジ