平成30年8月の言葉(掲示板)

「いつか また 会えるよね」

「泥沼の 泥に染まらぬ 蓮の花」

お盆、ご先祖様が帰ってくると言われる日本の伝統行事です。
そのご先祖様は、お浄土、極楽浄土に居られる。そのご先祖様をお迎えし、目一杯のご接待するのがお盆です。
蓮の花は、泥の中から咲きながら、泥にまみれず、綺麗な花を咲かせます。「泥」とは私達の汚れた世界(濁世)を意味します。その中にあっても仏は清らかであることを蓮は綺麗な花を咲かせることで示しています。

清らかなお浄土から、亡くなられた方をお迎えして、この世での在りし日を偲び、追悼の思込めてお盆のおまつりをしましょう。
それが、「また会える」ことでもあります。そして私達もいずれは、お浄土に行きます。そこで、「また会える」のです。

また「会える」ことを楽しみに、お盆のお供えをしましょう。

平成30年8月の言葉

平成30年8月の言葉

 

 

 

 

 

 

 

 

浄土宗カレンダー 今月の言葉
「極楽浄土に 思いを馳せる」
Try to remember those who are now in the Pure Land.