平成30年12月の言葉(掲示板)

「感謝の大地に花が咲く 不平の嵐に花が散る」 

今月は、浄土宗大阪教区教化団のポスターを掲示しました。平成の最後の年の暮れです。
今までにいただいた「御恩」はどれほどあったでしょう。
一方、満足出来なかったこと、思いを果たせなかったことも多々あるでしょう。
どちらに重きを置いて「平成」という時代を振り返りましょうか?

「感謝」に満ちた人生なら、これから先「頑張るぞ!」と思えるでしょう。
「不満」「不平」をくり返す人生なら、これから先が益々不満と不平が溜まる人生になるでしょう。
「今あるはお陰様」と思ってこそ、次の展望が開けてきます。
不満、不平があっても、その中に感謝することもあったでしょう。
自分の人生から「感謝」を見つけていきましょう。
そこから新しい年と新しい元号の未来が生まれてくるはずです。

平成30年12月の言葉

平成30年12月の言葉

 

 

 

 

浄土宗大阪教区教化団のポスター
絵は中田文花さん

 

 

浄土宗カレンダー12月の言葉
「南無阿弥陀仏 いまを生きる」
Today and every days,live calmly in reliance on Amida BuddhaーNamu Amida Buddha.