令和3年3月の言葉

令和3年3月の言葉(掲示板)3月の言葉

「耐えてこそ 色鮮やかな花が咲く」(大阪教区教化団のポスターです)

「桃の節句」と春めいた節句、ひな祭り。お雛様をお祭りして子供成長を祈る節句ですが、古くは、農村では『野遊び』と言って、野に出て、あるいは河原に出て、弁当を持参して子供たち、あるいは大人たちも、飲食してまさに野遊びした習俗がありました。
寒い冬が終わり、花が芽生える季節の訪れを、春の訪れを、人々は、待ち望んでいきました。
寒さに耐えたものだけが味わえる春です。
寒い冬ほど、春の桜はきれいと言います。
春とともに次の一歩を踏み出しましょう!

3月は、春のお彼岸です。中日をはさんで仏道にいそしむ1週間をお彼岸をと言います。
春を楽しむ前に、自分を見つめる彼岸の1週間を過ごしてください。

浄土宗カレンダー 3月の言葉
「ひたすらに まっすぐに」
Things may not go the way you want them to,  but you can still remain true to yourself.

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止認証コード(計算の答を入力してください。) * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

次の記事

令和3年4月の言葉