令和4年6月の言葉

令和4年6月の言葉

「田植えの季節 早苗を一つひとつ 手間暇かけて 植えていく 今を逃すと 秋の実りはない 今を逃すな!」 

雨の季節の6月、この時期に合わせて田植えが行われる。早苗を一つ一つ植え付けていく地道な作業です。
でもこの手間暇かけて植え付ける作業 がなければ、秋の収穫は望めない。

何事にも、時期がある。
時期を逃さず、「今」に打ち込むこそが、あすの糧になります。

浄土宗カレンダー 6月の言葉
「称えるうちに 雲晴れて」
Vowing with a deep mind to attain Birth in the Pure Land while you chant Namu Amida Butsu naturally deepens
your faith in Amida BUddha.

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

スパム防止認証コード(計算の答を入力してください。) * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

前の記事

令和4年5月の言葉