令和3年6月の言葉

令和3年(2021)6月の言葉

「出来ないことを愚痴るより 出来ることに集中しよう」 

新型コロナウイルス感染症の拡大を予防するため緊急事態宣言が出されて、外出が制限され、不自由なことが増えています。普段通りにできないことが増え、どうしても愚痴(ぐち)ることが増えています。「ぐち」とは「愚か」なこと、「愚痴」と書きます。

自分の力ではどうにもできないことは多々あります。しかし、出来ないことばかりではなく、出来ることもあります。出来ることを見つけ、そのことに心を向けていくようにしましょう。心を、「愚か」な方向でなく、「賢明」な方向に向けましょう。
出来ることに集中、そうすれば、心のストレスは、少なくなるでしょう。

浄土宗カレンダー 6月の言葉
「善きことは ゆっくり動く」
Whatever you’re facing, things are slowly getting better, even if you can’t see it.

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止認証コード(計算の答を入力してください。) * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

次の記事

令和3年7月の言葉