平成27年6月の言葉

 

「忘れまい 希望と夢とお念佛」

 

常に持ち続けたいものは「希望」。いくつになっても「夢」を描いていきたい。

そして「仏」と共にありたい。「仏」を念じれば「仏」はいつもそばに居られます。

念じ続けることが「仏」と共に居ること。悲しみも喜びも「仏」と共に。

だから、寂しくないのです。