大阪府豊中市の浄土宗のお寺
安楽寺だより

今月の言葉

平成26年2月の言葉 「我慢のしどころ」

平成26年2月の言葉     「我慢のしどころ」    寒い冬です。ここは「我慢のしどころ」、やがて芽が出ます。 寒いからこそ出来ることもあります。それは「我慢」を学ぶことです。 幸いにして、四季の巡りを持っている日本で …

雪に耐えるソテツH26.2.5

平成26年1月の言葉  「挑んでみよう 先ず第一歩を踏みだそう」

平成26年1月の言葉 「挑んでみよう 先ず第一歩を踏みだそう」 うま年の年が明けました。皆さんおめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 年頭にはその干支に因んだ諺が語られます。ありきたりですが、ここでも馬 …

安楽寺元旦の山門

平成25年12月の言葉  「立ち止まり、心で観る」

  12月の言葉         「立ち止まり、心で観る」 1年の終わりの12月を迎えています。今年1年を振り返る番組がテレビでも盛んに放映されています。古来、私たちは節目、節目でいろんな行事をおこなって、振り …

12月の海紅豆の花

平成25年11月の言葉   「由来を知り、感謝する」

元々、「文化の日」は「明治節」という日、「勤労感謝の日」は「新嘗祭」と呼んでいました。   11月には、国民の祝日が2回あります。「文化の日」と「勤労感謝の日」です。「文化の日」は、日本国憲法が公布された日なの …

冬瓜

平成25年10月の言葉     「笑顔」は「おもてなし」

「笑顔」は誰にでも出来る「おもてなし」です。 笑顔で迎えれば、自ずと相手も笑顔になります。笑顔で「ありがとう」と言えば、言われた人も自然と笑顔になるでしょう。笑顔は笑顔を呼ぶものですね。 「笑顔」は人間に与えられた一番の …

秋明菊

平成25年8月の言葉   「足跡は前にはない」

私の足跡は、後ろにあっても前にはない。後ろには、消しようのない私の足跡がある。   私たちの後ろには歩んで来た足跡が、生まれてからこの方ずっと付いています。中には、消してしまいたい足跡もありますが、消しようのな …

境内に咲く ハマユウ

平成25年7月の言葉   雑草に学ぶ

7月の言葉  当然のように、苦しみを乗り越える「雑草」に学ぶ   今年の梅雨は、雨不足の様相ですが、降るとなるとドッと降るという不規則さです。その不規則の雨を待って草たちが芽を出し、伸びています。その草たちを私 …

白蓮が咲きました。

平成25年 6月の言葉 「慈雨」に感謝、「慈雨」となろう

私たちに「恵み」をもたらす「慈雨」に感謝し、我は、社会の「慈雨」とならん。       雨ほど、たくさんの形容が付く自然現象はないかもしれません。降る激しさから「豪雨」もあれば、きめ細やかさ …

夏の花「海紅豆(かいこうず)」

平成25年 5月の言葉 「挨 拶」

人と人、誰とでも、どんな場でも、挨拶が基本です。 「挨拶」という言葉は、仏教用語です。主に禅宗で使われる言葉から、日常で使う言葉になったものです。「挨あい」も「拶さつ」も、相手に近寄る、迫る、押し合うという意味で、「挨拶 …

石段脇に咲くヒラドツツジ

平成25年 4月の言葉「求めよ」

4月の言葉 求める所に道が出来る 4月8日はお釈迦様がお生まれになった日で、仏教徒にとって祝うべき日なので花祭りの行事が行われますが、4月7日も浄土宗にとって意味ある日です。それは法然上人の生まれられた日だからです。お釈 …

« 1 6 7 8 »
PAGETOP
Copyright © 豊中市の浄土宗のお寺 安楽寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.